日本人女性にとって性器を石鹸で洗うのはあまり馴染みのないことですよね。
 
ですが、欧米では洗うのは当たり前になっていますし、最近はどんどん洗う人も増えてきています。
 
 
やっぱりニオイの原因になってしまいますし、かゆみとか蒸れもあるので、ちゃんと汚れを落として清潔にしておくべきです。
 
ただ、デリケートゾーンと呼ばれるくらいなので、洗い方を間違えると病気の原因にもなったりします。
 
不快感を解消したいのに病気になっちゃったら意味がないので、正しく洗いましょう。
 
 

女性器の洗い方はコレでOK!

洗う時に、シャワーをバーっとかけるだけとか、ボディソープを手につけてゴシゴシ擦るだけなんて人もいますが、それは間違った洗い方です。
 
このページを見ている方にはそういった間違った洗い方で失敗してほしくないので、詳しく説明します。
 
洗う順番は
1、陰毛
2、クリトリス
3、大陰唇、小陰唇(ビラビラ)周辺
4、尿道付近
5、おしりの穴の方
 
という順番。
上から下に洗っていく感じですね。髪の毛を洗ってから体を洗うのと一緒です。
 
ではそれぞれ詳しく見ていきましょう!
 

 

1、陰毛

陰毛の洗い方は特に説明することもないんですが、石鹸でも揉むように毛をあらってあげればOK。
 
毛が生えている地肌の部分も髪の毛を洗うように洗ってください。
 
 
個人的には陰毛のせいで蒸れたり、ニオイがひどくなったりするので、全部剃っちゃう派です。(正確には抜いてるけど)
 
結構快適でおすすめですよ。
 
 

2、クリトリス

ここからが重要!。
洗う時には傷つけないように爪を立てず指の腹を使って洗っていきます。

コレ以降はとにかく手の力を抜いて優しく洗っていきしょう。
 
クリトリスは一見汚れていないようにも見えるんですが、皮があるのでそこにアカが溜まることが多いです。

皮の中、そしてクリトリスについている汚れを意識してだいたい4往復(※)ぐらい優しくこするようにしてあげるといいかと。
※あくまで当サイトの感覚です
 
クリトリスや皮の形状、汚れの酷さとかによって、どれだけ洗えばいいのか違うので鏡を使って汚れをチェックしながら洗ってください。
 
 

3、大陰唇、小陰唇(ビラビラ)周辺

クリトリスを洗い終わったら、大陰唇小陰唇を洗っていきましょう。
 

小陰唇はビラビラの部分、大陰唇はその外側のところです。
大陰唇と小陰唇の溝だったりビラビラのシワ部分によごれが溜まりやすいのでそこを意識して洗ってください。
 
こびりついていることもあるので、何回こすれば汚れが落ちるとかは難しいんですが、5往復するぐらいでそこそこ落ちるかと。
※クリトリスと一緒で洗い上がりや、汚れをみて調整してください。
 
 

4、尿道付近

言葉で説明するのは難しいので、上の画像を参考にしてください。
 
膣入り口の上部分です。
間違っても膣の中まで洗わないように注意しましょう。
 
ビラビラを洗う時とワケましたけど、膣内を洗わずに尿道付近を洗えるならビラビラと一緒に洗っちゃってもいいです。
 
 

5、おしりの穴の方

女性器じゃないだろう!ってツッコミは置いておいて・・・とりあえずこっちのほうも洗っておきましょう。

お尻の穴と性器の間とかオリモノは、経血なんかでも汚れますし、毛があるのでそこに汚れが付いていることもありますからね。
 
自分の目では特にみえないところだから、鏡をまたいでチェックしながらやるとやりやすいかと。
あとVライン同様毛剃っておくと楽です。
  
 
 

やってはいけないこと!

ここまでの説明だとわーっとやっちゃえばそこまで難しくないように思えますよね。

確かに慣れちゃえば体を洗うのと同じような感じでサッとできるようになります。
 
  
ただ、一番最初に書いたとおり、性器を洗う時にやってはいけないこともあるんです。
 
よく「女性器を石鹸であらうとカンジダになる!洗わないほうがいいよ!」と言われるのは、間違った洗い方をしてしまう事によってカンジダになったことが広まっているんだと思います。
 
 

膣内を洗う


膣の入り口の上とかその左右とかはどんどん洗ってほしいんですが、膣の入り口や膣内を洗うのはやめてください。
 
 
膣の中には、悪い菌が繁殖しないようにしてくれている良い菌がたくさんいます。
 
その菌のおかげで膣の中は清潔になっているんですが、洗っちゃうと悪い菌だけでなく良い菌も落ちちゃうので、悪い菌がワッと繁殖しちゃうんです。
 
 
膣内は石鹸で洗うのもよくないですし、お湯とかでゴシゴシ洗うのもよくないので、これは絶対に注意してください。
 
 

普通のボディソープを使う

女性器を洗う時には、専用の石鹸を使う必要があります。
 
体を洗うついでに普通のボディソープで洗ったほうがは楽なんですが、それをしちゃうと良い菌を殺しちゃうんですよね。
 
 
ビラビラとか尿道周辺とかも粘膜ですし膣に絶対石鹸が入らないのも無理ですから、女性器に使っても大丈夫なように作られた石鹸を使うべきです。
 
ボディソープにも色々な種類あって成分とかも全然違います。
 
普通のボディソープで朝顔あらわないですよね?
体の場所に合ったものを使うのが一番です。
 
 

石鹸はこれが良かったです!

デリケートゾーン用の石鹸については、いろんな種類があって選ぶのが難しいところですが、実際に使ってみてよかったものを紹介するので参考にしてください。
 
不快感を改善するためにもバッチリキレイに洗いましょー!
 
 

1位 イビサソープ

現在私も使っている一番良かったデリケートゾーン用石鹸です。ちょっと価格が高いですけどね。

デリケートゾーン用石鹸の中だとかなり高かったんですが、やっぱり泡で出るのは使いやすいです!

洗ったあとのにおいとかも一番抑えられていたように感じました。
 
 
あと、イビサソープは真菌を抑える成分も入っているので、安心して洗えるのは嬉しいです。
(カンジダは真菌の繁殖が原因で起こります)
 

 


 
 

2位 ジャムウハーバルソープ

デリケートゾーン用石鹸で調べると一番有名?な製品。とりあえず有名なので買ってみました。

固形石鹸なので泡立てたりしないといけなかったり、泡立ちにくかったりしたんですが、洗う時は問題なし!
 
泡を作るために泡立てネットは合ったほうがいいです。
 
 
石鹸にかぎらずデリケートゾーン用製品を色々作っているメーカーなので、石鹸以外にも気になる製品たくさんでした!
 


 
 
 

3位 コラージュフルフル泡石鹸

ちょっと気になるところもありましたが、価格も比較的安くて使いやすい石鹸でした。
 
イビサソープ同様泡出でるタイプなので、泡立てる必要ないのはやっぱり楽でいいですね。
 
薬局でも売ってましたが、公式サイトで購入したほうがお得なのは意外と知られていないのです・・・。