jj
 
あそこのニオイ、女性ならばしっかりと抑えたいですよね。

よく体臭のケアとかで話題になるのが重曹です。
 
 
掃除とかにもつかわれますし、角質による黒ずみケア!
みたいなこともできるらしいですから、重曹ならばあそこのニオイも対策できるかもしれません!
 
 
・・・といいつつ実は重曹はあそこの臭いケアに使ってはいけないものなんですよね

重曹はあそこには強すぎる

efn
 
重曹自体を肌に使うというのはそこまで問題ではありません。

実際重曹を水で薄めて、脇などに塗ったりして脇の臭いを改善したりしている人もいます。
 
スーパーなどでもかなり安く売っていますからね。
普通の体臭予防製品と比べるとお財布への負担はグッと少なくなるでしょう。
 
 
ただ、あそこの臭いに使うとなると話が変わってきます。
 
あそこ、デリケートゾーンともいわれますが名前の通りかなりデリケートなんです。

重曹は効果が強いので、デリケートなあそこに使うと予想以上にダメージを与えてしまいます。
 
 
臭いを抑えたいと思って使ったのに<肌荒れを起こしてしまっては意味がありませんよね・・・。

重曹自体はかなり安く入手することができるので、よさそうに見えるのですが実はこういう落とし穴があったわけです。

自分の大切なあそこに使うわけですから、対策方法などは値段で考えず効果で選ぶことをおすすめします。

 

重曹を使うならば掃除などがおすすめ

あそこもそうですが、正直私としては重曹を体に使うというのはおすすめしませんね。

確かに体臭を抑えるという面でいえば効果がありますが、重曹を使うことで他の菌が繁殖してしまうということもあるようなんです。

なので重曹を使うのならば、体に使わず掃除のときに使ってみてはどうでしょうか?
 
 
昔から重曹は掃除の友!といっていいほどいろいろと使われているんです。

普段掃除をしていてなかなかこの汚れ落ちないな~っていうのありませんか?
その汚れもしかしたら重曹なら落とすことができるかもしれません!
 
例えば

  • キッチンやお風呂の排水溝
  • ガス台の油汚れ
  • 電子レンジなどの汚れ、手垢
  • まな板の臭い
  • カーペットの汚れ
  • 窓ガラス
  • 便器

 
などなどいろいろな汚れを落とすことができます。

私もつい最近重曹を使ってカーペットの汚れを落としたばかりですが、思っていたよりも効果がありましたね。

カーペットとかってなかなか掃除しにくいですからね~。
 
 
あそこの臭いを落とそうと思ってもう重曹買っちゃったよう~。

という人は体に使わず掃除に重曹を使ってみてはいどうでしょうか。

 
 
[kora-ju]
 
  

関連記事