夏場は特にショーツの中が蒸れて不快感MAXになりがち。

エアコンつけてても蒸れるくらいですから、仕事中とか周りに人がいる環境だと結構辛いものがあります。
 
 
蒸れるせいで不快感だけじゃなく病気の原因になったりもするので、結構気をつけないといけない問題です。
 
女性のあそこは、形状だったり機能的に男性と比べても蒸れやすくなりがちなので、蒸れないショーツを使うかどうかはとっても大切になります。
 
 
蒸れないショーツを選ぶ時に大切なのは、『綿ので作られているショーツ』を選ぶことでしょう。
 
 
 

蒸れないショーツは素材が大事

蒸れないショーツはコレだ!と商品をかいても良いんですが、それだと色合いとかデザインで好みがあるため意味がありません。

いくら蒸れないとはいえ、明らかにおばさんが履くようなダサいやつだったらちょっと気が引けますからね~。

大事なのはショーツになんの素材を使っているのかということです。
 
 

化学繊維は安いけど蒸れる!

あなたが履いているショーツの中にも化学繊維で作られているものがあるのではないでしょうか。

化学繊維で作られている製品はとにかく安いため、お財布に優しいわけです。

安い以外にもメリットは多くて、あまり型くずれしなかったりシワになりにくかったりと結構使いやすいんです。
 
 
安くて使いやすいので、化学繊維のショーツを購入している人は多いんですがその分どうしても蒸れやすくなります。

化学繊維の大きなデメリットがそこです。
 
 
自然素材のものに比べて化学繊維は通気性もダメで蒸れやすいなので、現在化学繊維のショーツを履いているならそれも一つの原因でしょう。
 

ショーツの表記にナイロン、ポリエステル、アクリル、ポリ塩化ビニル、ポリウレタンと書いてあったら化学繊維によって作られたもの

 
 

綿は風通しがいい

綿(コットン)素材は化学繊維と比べると価格が高くなってしまいますが、通気性がよく蒸れにくい素材の一つです。
 
肌触りもいい感じですし、吸水性もいいので使いやすさもいい感じ。
とりあえず蒸れないショーツを探しているのなら綿素材のショーツを使うべきです。
 
 
実際蒸れで悩む人は多いので、「綿 ショーツ」とショッピングサイトで検索するだけで結構出てきます。

お店で買う場合は、タグをチェックして綿素材のものを選べばOKです。


 
 

麻は通気性が一番いい!

化学繊維、綿ときたらあとは【麻】(リネン)ですよね。

麻は肌触りがちょっと独特でざらついている感じです。麻素材のシャツとか持っていればその触り心地がわかると思います。

ただその分、通気性はめちゃくちゃいいです。

個人的には価格もそんな高く感じません。
 
 
ただ、染めにくかったりするのでどうしても色合いが地味なように感じちゃいますね。デザインとかもちょっと・・・というような印象をうけます。

ちなみに麻と綿が一緒になってるものもあるので、チェックしてみてください。
コットン・リネンと表記されているはずです。
 
 
 

そもそもショーツを使わない人も!?

男性用の下着をはいている人もいる

外では気持ち的に難しいかもしれませんが、部屋の中の蒸れ対策として男性用のトランクスを履いているという方も実はいらっしゃいます。

まあ大体が彼氏の下着を履いているというパターンですが、男性用の下着はぴっちりしておらず蒸れにくいですからね。

男性用の下着を履くことへの抵抗感とか、あまりにも違うスースー感とかはありますが、なれるとなかなかいいかと。
 
 
あと、男性用の下着を購入して外に干すことによって、外から見てその部屋に男性が住んでいるんだと思わせることが可能です。

女性の一人暮らしを狙って犯罪をしようとする人もいますから、そういう防犯目的の意味も合わせて購入してみてはどうでしょうか?。
 
 

ふんどしも人気

ちょっと前に女性用のふんどしが人気になっていましたが、今でも使っている人はいます。

ふんどしをつけること自体に抵抗があるのはわかりますが、実際ふんどしは過ごしやすくて気に入っているひともいるわけで、機会が合ったら試してみても良いかもしれませんね。

ただ、人前で服を脱ぐ場面でふんどし状態はさすがに相手がドン引きしちゃうでしょうから家の中とか、人に見せない時だけにしたほうがいいです。 
 
 
 

ショーツ以外の蒸れ対策わすれずに

蒸れないショーツを選んで蒸れ対策をするのはとっても良いことです。
 
ただショーツを蒸れないものにすれば全部解決できるかといえばそういうわけではありません。

男性だったらそれだけでも結構改善するでしょうが、女性の場合は大変なことにもうちょっと踏み込んでケアをする必要があります。
 
 
あなたもつけていると思いますが、ナプキンやおりものシート。
これらは通気性がよくないですし、そこに水分を含むことによって蒸れの原因になります。

大変だしめんどくさいと思うかもしれませんが、オリモノシートやナプキンは、こまめに変えるようにしてください。
 
 

ショーツの蒸れを放置するのは危険!

蒸れをそのままにしていると、かゆいとかムズムズするとかもあるんですが、病気の原因にもなります。
 
さらにその病気を放置すれば、妊娠や出産にも影響が出て来るでしょう。
 
 
蒸れるということはそれだけ水分もあり湿度も高くなりますので、雑菌が繁殖する環境が整うようになります。

経血やオリモノ、恥垢、汗といった汚れがあるとそれを雑菌が分解し始めますからにおいもひどくなるわけです。
 
 

蒸れのせいで不衛生な状態に

女性器にはもともとデーデルライン桿菌という菌がいて、自浄作用で悪い菌が繁殖しないようにしてくれています。

ですが、蒸れで雑菌の繁殖を抑えられなくなるとカンジダをはじめとした病気になります。
 
 
蒸れも雑菌の一つの原因ですが、性器についている汚れも雑菌が繁殖するのを助けてしまうんです。
 
蒸れをケアするのはもちろんなんですが、病気にならないためにはショーツだけではなくて性器自体も清潔にしておく必要があるわけですね。
 
 
つまり、きちんと自分の陰部を洗うようにしてください。


 
最近は洗う人も増えてきていますし、正しい洗い方で洗っていれば特に問題もありませんからね。

たまに間違った洗い方をしてカンジダとかになってる人もいますけど・・・。
 
 
女性器の正しい洗い方についてはこちらのページで解説しています。
>>女性必見!女性器の正しい洗い方!