陰部を洗うのは、女性としてはやっぱり大事です。
あそこを洗わないと、垢とかもいっぱい貯まって、ムワッと臭いニオイの原因になっちゃいます。
 
 
というわけで、あそこを石鹸であらったまさかのビリビリ!!
 
 
汚れを落とすことができて、臭いのケアができてたとしても、ピリピリ痛かったら耐えられません。

というかその前に、そんな症状が出ている時点でいい状態ではありませんからね・・・
 
 
せっかく石鹸で洗ったのにこのピリピリはいったい何が原因なのでしょうか?
 
 
 

石鹸で洗ったらビリビリする原因は?

せっかく洗った陰部。
ビリビリと痛みが発生してしまったのは、正直ショックですよね・・・。
 
「コレで臭いもよくなる!」
と期待していた分「まじか・・・」って気持ちが大きいです。
 
 
普段かゆみとかがなく、今回石鹸で洗ったときだけに痛みが出たのなら、その原因は使った石鹸にあります。
 
 
 

あなたが使っている石鹸はどんな石鹸?

陰部をあらうとき、あなたはどんな石鹸を使いましたか?
 
 
スーパーで買ったセールの石鹸?

薬局で買ったちょっといい石鹸?
 
 
 
色々といい石鹸とかボディソープは売ってますからね。

そういう石鹸を使って、体を洗う分には問題ないんですが、陰部である女性器を洗うのは実はNGなんです。
 
 
 

普通の石鹸の成分はよくない!

通常の石鹸のほとんどは『アルカリ性』の石鹸です。

アルカリ性は肌の汚れと皮脂を落とす力が強い性質があります。
石鹸で髪の毛を洗うとギッシギシになっちゃうのは、石鹸が髪の油をおとしてしまうことが原因なんです。
 
 
もちろん体を洗うときには別に問題ありません。
 
 
でも私たちが洗うのは体の中でとってもデリケートなところ。
普通のアルカリ性石鹸で洗ってしまうとダメージがあることがあります。
  
 
なのできちんと、デリケートゾーン用の肌に優しい石鹸を使ってあげてください。
 
 
 

デリケートゾーン用石鹸を選ぶには

デリケートゾーン用石鹸を使ってくださいと言っても、いろいろと種類がありますから選ぶの大変ですよね。
 
中には「○○という石鹸を使ったら、あそこが真っ赤になってしまった!」なんて口コミも!
 
 
結構有名の石鹸なのですが、体質などもあるとおもいますけど怖いですよね。
 
 
ただ、難しいのはデリケートゾーン用石鹸も化粧品とかと一緒でつかってみないとわかりません。
 
成分などもそうですし、固形タイプがいいのかチューブタイプがいいのかなど使い心地のこともありますからね。

ちなみにホテルとか彼の家に泊まることが多いならチューブタイプの持ち運びに便利な方がいいですよ( *´艸`)
 
 
⇒デリケートゾーン用の石鹸ランキングを見る