かゆみはなかなか無視できないですし、不快度もかなり高いです。

かゆみのせいでイライラしたことも多いのではないでしょうか。
 
 
陰部に異常が出ているとやっぱり【性病】が気になるわけですが、あなたはその心当たりがないんですよね?

陰部にかゆみが発生してしまう原因はいくつかあリます。

本当に性病じゃないなら、【蒸れ、かぶれ】によるかゆみでしょう。
 
 
ただし、本当に性病ではないならですけど・・・。 
 
 
 

蒸れによるかゆみは起こりやすい!

女性の性器は蒸れやすい!

女性の性器って男性とくらべて見た目的にも蒸れやすいですよね。

下着を比べてみればわかりますが、女性用の下着は結構ぴっちりするものが多い一方で男性用のものはそこまで締め付けるものはありません。

また、オリモノとか経血なんかもありますからどうしても女性の場合は陰部は蒸れやすいんです。
 
 
蒸れてしまうと皮膚のバリアも弱くなりますし、雑菌も多いのでかぐれのを起こしたりして痒くなります。
 

蒸れないないように風通しよく!

絶対蒸れないようにするとなるとそれこそノーパンとかじゃないと無理ですが、できるだけ蒸れないようにする方法はあります。

例えばナプキンやおりものをこまめに変えるのもその一つですね。

水分を吸っちゃうとピタっとくっついて風通し悪くなりますし、雑菌も繁殖しやすくなります。
 
 
あとはショーツの素材によっても風通しとか結構違うので、できれば風通しのいい綿のような素材にしておくといいです。
>>不快感から脱出!蒸れないショーツの選び方
 
 

きちんと清潔にすること

蒸れとかもそうですが、やっぱり陰部を不衛生な状態にしているのがかゆみの原因なわけです。

風通しをよくするのはもちろんなんですが、できるだけ陰部も洗って清潔にしておきましょう。
 
 
陰部って当たり前ですが結構汚れるんですよ。その汚れをそのまま放置していたら当然悪い菌もわーっと増えちゃいます。

お湯やシャワーをバーっとかけるだけみたいな人もいますが、それだと汚れが落ちないのできちんと石鹸をつかってあらうようにしてください。
 
洗い方についてはこちらのページで詳しく紹介しているので、参考にしてください。
>>女性必見!女性器の正しい洗い方!
 
 
 

本当に性病じゃないの?

さて、ここまではあなたが本当に性病じゃないのにかゆい!という事を考えてケアの仕方を説明しました。
 
 
でも本当にあなたは性病じゃないんでしょうか。
きちんと性病検査をした上で性病じゃないと思っているんですか?

もし
「性行為をしていないから性病じゃない」
と考えているのならそれは違います。
 
 
性行為でしか移らないような病気もあるんですが、中には性行為以外でも移ってしまう病気もあります。

あなたが最近性行為をしていなかったり、そもそも性行為をしたことがなかったとしても感染している可能性は否定出来ません。
 
 
【かゆい】という症状から考えられる病気としては、『トリコモナス膣炎』『カンジダ』の2つですね。 
 
 

トリコモナスについて

トリコモナスは簡単にいうと、トリコモナスの原虫が膣内でわーっと増えてしまうことによって起こる病気です。

性行為でも伝染るんですが、それ以外にも浴槽とかタオルでも感染します。トリコモナスは水の中ならウゴウゴと短期間の間生きれるんですよ。
 
自宅でというよりも、いろんな人がつかうプールとか公衆浴場とかでは注意したいところです。
 
 

トリコモナスの症状は?

トリコモナスの症状としては、あなたが今感じているかゆみも一つです。

それ以外には、おしっこをする時に痛みを感じるようになることもありますね。

特徴的な症状としては、オリモノの変化です。
おりものが普段とくらべて臭く感じるようになったり、色が黄色や淡い灰色の泡だった状態になります。
 

トリコモナスの治療は病院へ

トリコモナスの治療は当然病院に行く必要があります。

かゆみだけじゃなくてオリモノに変化があったり、思いあたる節があるのなら病院にいってトリコモナスの検査をしてもらいましょう。

最近は性病の検査も匿名で出来たりと良くなってきてますからね。
 
 
 

カンジダは女性に多い病気

カンジダが性病かどうかについては意見が別れてるところですが、性行為でも感染するので性感染症ではあるでしょう。

カンジダは女性にとってすごく身近です。
性病じゃないのにかゆい!と思ったらカンジダも疑うべきでしょう。
 
 
カンジダはトリコモナスと似ているんですが、カンジダ菌が膣内でたくさん繁殖することで発症します。

トリコモナスと違うのは、カンジダの菌自体はもともと膣内にいるものということですね。
 
 

不衛生なのがよくない!

カンジダ担ってしまう原因は色々あって、ストレスとかもその一つなんですが、不衛生な状態にしているのも悪い影響を及ぼします。

それこそ風通しが悪くて蒸れやすい状況にしているのもそうですし、恥垢とかオリモノとかをしっかりと洗わずにそのままにしているのもよくないです。
 
 
あと陰部を洗う時に膣内までゴシゴシと洗っちゃう人もカンジダになりやすいです。
 
『陰部石鹸で洗えばいいんでしょー!ゴシゴシー!』と適当に洗っている人も多くて自分の陰部なわけですからもう少しちゃんと考えて洗ってほしいですよね。
 
 
カンジダ対策のためにも、陰部を洗う用の石鹸についてはこちらのページで解説してします。