「男性の股間のムズムズに~」みたいなCMを見ると、男性だけがムズムズに悩んでいるようなイメージを持っちゃいますが、女性だって股間がムズムズすることはあります。
 
ムズムズしてるからってその場で掻いたり服を脱いだりすることもできないですから、むちゃくちゃイライラしてきますし、仕事や勉強中の集中も完全に途切れちゃいます。
 
 
股間の問題で一番怖いのが性病の問題。
 
もし性病の場合、ただムズムズでイライラするとか程度の問題ではなく、不妊や母子感染、さらには命に関わることにまで発展するケースもあります。
 
 
 

ムズムズ感は性病!?

股間にムズムズ感を感じて性病じゃないかと心配する気持ちは当たり前ですし、そういう危機感は持っておくべきだと思います。
 
病気って気付かず放置したままになるのが一番よくないわけなので、そういう体の異常はちゃんと把握しておかないとですから。
 
 
ムズムズするということは、症状としては「かゆみ」のはず。

何かそれ以外に変わったことはありませんか?
例えば
『オリモノが増えた』
『オリモノの色が変わった』
『オリモノのニオイがおかしい』
『おしっこのときに違和感がある』
とかあるならより性病の可能性が高くなります。
 
でもそういうのなく、ただムズムズしてるとなると病気としては絞られてきますね。
 
 

かゆみがおこる性病は?

股間がムズムズしている場合考えられるものとしては
・カンジダ
・膣トリコモナス
といった病気です。
 
正確にはカンジダは性病じゃないのですが、かゆみが出る病気としては可能性は高いかと。
 
実際カンジダを起こす女性は多いですし、カンジダはストレスとか風邪とかでなっちゃうことも多いので気付かない内になってることもありえます。
 
実際性病かどうかを判断するためには、きちんと医療機関での検査をしてもらわないといけません。
 
匿名の検査キットを使うのも一つの手ではありますが、どちらにしろ気になることがあるのならきちんと検査をしておいて損はありません。
 
 
 

股間のムズムズは蒸れの可能性高い

股間のムズムズが一番起こりやすいのは、蒸れとかによる痒みでしょう。
 
女性の股間ってそもそも性器の形状的に蒸れやすいですし、それにさらにショーツやらストッキングやらでどうしても風通しが悪くなります。
 
それこそ一日中裸族とかだったら違うでしょうけどね。
 
どうしても蒸れによるかゆみというのはあるでしょう。
 
 
また生理のときだけムズムズするという人もいます。
生理中って肌も敏感になりますから、蒸れもあるでしょうがナプキンの素材が合っていないということもかんがえられるので、気をつけたいところです。
 
  

ムズムズに使う薬は?

とりあえずムズムズするというのなら、フェミニーナ軟膏が薬としてはおすすめです。
 
ご存知の通り股間につかうことを想定して作られているものですから、他のかゆみ止めとかと比べて安心して使うことができますし、薬局とかでも簡単に変えるのも大きなポイントです。
 
 

陰部はできるだけ清潔に

今後ムズムズかゆみを起こさないためにも、股間は清潔にしておくべきでしょう。
 
あまりに股間が蒸れすぎないようにナプキンをこまめに変えたり、何故通しがいい衣服を身に着けたりすることで蒸れの改善になります。
 
 
あとは、股間をきちんと洗って雑菌を落としておきましょう。
 
雑菌の繁殖はかぶれやニオイなどの原因にもなるので、きちんと落としておく必要があります。
 
性病の温床にもなったりするので、不衛生なのはマジで注意です!
 
>>女性器の正しい洗い方についてはこちら