z
 
手術は確かにすそわきがを対策するのに有効な手段でしょう。
 
手術=絶対治るというイメージがあるのですが・・・実は手術をすることによっておこるリスクがあるんです。
   
 
このページではすそわきが手術によって起こるリスクについて紹介しています。

すそわきが手術を考えているという方はそのリスクを踏まえたうえで行うか行わないか考えてみてください。
 
 
 

すそわきが手術の4つのリスク

la
 

リスク1 費用が高い

すそわきがの手術は、費用がかなり高いです。

理由としては保険が適用されないからで、手術費用の全額が自己負担になってしまいます。

ただ中には保険適用の手術の場合もあり、その人のすそわきがの度合いによっても判断されるみたいですが基本的には保険が効かないと思っていた方がいいでしょう。
 
でももしうまくいかなかった時に、お金が返ってくるならいいかもしれませんが、そういうところはほとんどないですね。
 
『効果がなければ返金!』なんて書いてあったとしても、手術後明らかにニオイがしているのに成功といわれ返ってこないケースが多いんです。
 
 

リスク2 恥ずかしい

わきがの手術なら脇を見せるだけOKです。

ですがすそわきがの手術となると性器周辺をみせなくてはいけませんし、あそこの臭いに悩んでいるというのはかなり恥ずかしいのではないでしょうか。

デリケートな問題ですので医者といえども他人には言えない!という方が多いと思います。
 
 

リスク3 確実に治るとは限らない

すそわきがの手術というのは手術をおこなったとしても確実に治るとは限りません。

手術後に再び再発する可能性もありますし、臭いがあまり変わらないという場合もあります。

手術がうまくいくかどうかは個人差があるので実際にやってみないとわかりません。
 
 

リスク4 その他の場所から臭いがするかも

すそわきがの手術をしたことによって性器周辺のアポクリン汗腺から臭いはでなくなったとしてもアポクリン汗腺は性器だけに出来るわけではありません。

そのため性器以外の場所にあったアポクリン汗腺から臭いが出てしまう場合があるんです。

性器以外としては脇や胸などが候補になります。
 
 
すそわきがの手術にはこういったリスクがあります。

手術をしなくてもすそわきがの臭いは抑えることは可能ですので私個人としてはすそわきが手術はおすすめできません。
  
手術にもいろいろな種類の方法がありますが、どれもまだまだ進歩途中といったように感じます。
 
もちろんそれでも手術をする!という人は実際にやってみてください。
うまく成功すればすそわきがのニオイに悩むことはなくなりますからね。
 
 
 

リスクがない対策方法は?

s
 
大きなリスクがある手術という方法よりも、もっと手軽なものですそわきがを解決したほうがいいでしょう。
 
すそわきがのニオイをバッチリ抑えるならわきが用のデオドラントがベスト。
 
塗るだけというのがとっても簡単な消臭方法です。 
 
 
例えば手術にあるような『他のところからニオイがし始める』なんてこともありませんし、『金額が高い』というのも返金保証がある製品もいっぱいあります。
 
もちろん効果がなかったり、成分で肌荒れをしてしまった!というのがありますが、そのときは使うのをやめればいいだけですからね。

手術のように後戻りできない自体にはなりません。
 
どんなデオドラントがすそわきがに使えるの?
 
手術を考えるのは、効果がある人気のデオドラントを使ってからでも遅くないのではないでしょうか?
 
 
 
[kora-ju]
 
 

関連記事はこちら

すそわきがの手術について目次へ戻る