lfjel
  

わきがにも手術があるように、すそわきがにも手術という対策方法があります。

まあすそわきが手術を行っているところはわきが手術と比べて数がすくないんですけどね・・・。
  
 
手術ではすそわきがの原因となっているアポクリン汗腺に対し処理をおこなうことになりますのでわきがを本当の意味で治せる方法といってもいいとおもいます。

ちなみにすそわきがについてよくわかってないという方はこちらの記事で解説していますのでチェックしてみてください。

すそわきが手術を紹介するときは、『すそわきが手術』とひとくくりにしていますが、実は手術にはいくつかの方法があるんです。

 

すそわきがの手術方法

feaf3
  

ミラドライ

マイクロ電磁波により汗腺を働かせなくする効果があります。

皮膚を切らなくてもいいので傷跡が残るということもありませんし手術したその日から普段の生活に戻ることが出来ます
 
 

電気凝固法

汗腺から針を刺し電気を流すことによって汗腺を凝固させる方法になります。

毛穴から針を刺すため毛は抜けてしまいますので注意が必要です。
 
 

ボトックス

注射することにより汗腺の働きを抑えることが出来ます。

ボトックス注射は一度やればOKというわけではなく定期的におこなう必要があります。
メスを使わないので女性でやられる方が多いようです。
 
 

切除

皮膚に切れ目をいれ、はさみのようなもので皮膚の下の組織を取り除きます。

保険適用されるところが多いですが大きな傷が残ります。
 
 

せん除

メスを使い、皮膚を切って直接アポクリン汗腺を除去する方法になります。

皮膚を切るということで抵抗を感じる人も多いでしょう。

 
 

すそわきが手術はおすすめできない?

e;
  
『手術』という言葉を聞くと、絶対に治るというイメージがないですか?
費用は高いけども、一番いい手段のような・・・。
 
でも実はここが違うんです。

手術をおこなえば誰でもすそわきがを治すことが出来るのならみんな手術をしているはずですよね。

すそわきがの手術をおすすめできない点がいくつかあります。
 
 
①やはり性器を見せるということは恥ずかしい

②すそわきが手術にはリスクがある

③保険が適用されないので1回の手術が高額
 
 
これらのリスクを踏まえた上でわきが手術をおこなう必要があります。

手術をするのならば手術を行う上での詳しいリスクは知っておいたほうがいいでしょう。
手術によって起こるリスクについてはこちら

正直すそわきがの手術をおこなうのはかなりきびしいとおもいます。

私は何がなんでも手術をするんだ!というのならば手術でもいいとはおもいますが、そうでないならば手術ではなくてわきが用のデオドラント製品を使ったほうが良いでしょう。

わきが用のデオドラント製品は塗るだけで臭いを抑えられますので手術よりも低リスクで、しっかりと臭いを抑えてくれます。

本気で臭いを抑えたいと思うのならばやっぱりデオドラントですね。
すそわきがにおすすめのデオドラントはこちら

 
 
[kora-ju]
 

関連記事はこちら

すそわきがの手術について目次へ戻る