bb
 
敏感肌だと普段の生活でもいろいろ使うものを考えないといけないので大変ですよね。

『これが○○に効いておすすめ!』
なんて言われて使ったら肌荒れとかわりと洒落にならないですもん。

デリケートゾーン用石鹸も当然そういうところにこだわって選ぶ必要があります。
まあ基本的に、『デリケートゾーン』という人体の中でもかなり敏感なところに使うように作られている石鹸ですので、普通の市販で購入できる石鹸と比べてかなり肌に優しいです。
 
人によって会う合わないはありますから、いくら肌にいいといわれている製品を使ったって肌荒れしてしまう可能性は0ではありません。
そう考えると絶対安全というものはないわけですが、敏感肌のあなたでも安心して使えるものをこのページでは紹介しています。
 
 
 

どんな石鹸が敏感肌におすすめ?

デリケートゾーン用石鹸の有名どころといえば『ジャムウ』を使ったものです。
ジャムウソープみたいな感じの名前をいろいろなところで目にしますよね。

ジャムウはハーブを中心に作られている素材で、肌にとっても優しいものです。
だからこそデリケートゾーンによくつかわれているんですけどね。
 
ジャムウ系の製品はもちろんいいです。
ジャムウハーバルソープとかかなり使いやすいですしね。
 
 
ただ、中にはジャムウ系の製品を使ったらかぶれを起こしたという人もいます。
全員が全員そうなるわけではありませんが、敏感肌にとっては使うのちょっと怖いですよね。

おもいっきり真っ赤にかぶれなくても「なんだかピリピリして痛いな~」
と感じる人は多いようです。
 
 
ジャムウも悪くはありませんが、今回はジャムウを使っていないデリケートゾーン用石鹸を紹介します。
 
 
 

敏感肌におすすめの石鹸

ドルチボーレ

doruti

価格 3200円
ポイント ・肌が弱い赤ちゃん用石鹸として有名
・無添加だから安心
・泡切れがいいのもうれしい!
容量 300ml
口コミまとめ ・片手でプシュっと押すだけだから泡立てる必要がなくて楽!
・洗った後にしっとりしてる
・肌のつっぱりとかなくて洗いやすい

 
もともとは赤ちゃん用の石鹸として有名な製品です。
赤ちゃんって本当に肌が敏感なんですよ。それこそスキンケアが必要な女性よりも弱いんです。
赤ちゃんの肌といえば潤っていてプルプルなイメージですよね。

でもそれは大きな間違い。
実際はカサカサ乾燥し、ぶつぶつと湿疹もたくさんできます。

そんな肌が弱い赤ちゃんに使われているのがドルチボーレです。
 
 
ドルチボーレの何がいいって『無添加』ということなんですよね。
香料や着色料はもちろんパラベンなども入っていません。

もちろんちゃんと洗えばニオイも落とせます。価格はコラージュフルフル泡石鹸よりちょっと高めですね。
 
>>ドルチボーレのレビューはこちら
 
 
 

コラージュフルフル泡石鹸

kora

価格 2300円
ポイント ・赤ちゃんに使えるほど低刺激!
・人の肌と同じ弱酸性
・パッチテスト済み
容量 300ml
口コミまとめ ・優しい泡で洗い上がりがしっとりしていました。
・生理のときのようなニオイがひどい時期でも安心して使えました
・一本で結構長く続きましたが、もう少し価格がさがるといいかも

デリケートゾーン用石鹸で安心して使えるものがいいならコラージュフルフル泡石鹸がおすすめです。
当サイトでも紹介していますが、結構チェックする人は多いですよ。

赤ちゃんにも使える石鹸ですから安心度は高いですね。
ドルチボーレと違って無添加というわけではありませんが、低刺激ですし無香料、無色素とデリケートゾーン用石鹸によく使われるよくないものが入っていません。
使ってみるとかなり細かい泡で、洗い終わったともかなり気持ちいいです。

柔らかめの泡だったおでどうだろ?とも思ったのですが、臭いはしっかり落とせていました。

下着を下したときのムワッとするニオイがなくなったのは本当うれしいですよ・・・。
 
>>コラージュフルフル泡石鹸のレビューはこちら
 
 
 

もし肌荒れができてしまったら?

he
 
敏感肌でも使えるデリケートゾーン用石鹸を紹介しました。
普通の石鹸と比べてかなり肌に優しいものですので、ぜひ使ってみてください。

コラージュフルフル泡石鹸もドルチボーレもとっても肌にいいんですが、絶対に肌荒れがおきないというわけではありません。
いくら肌にいい製品を使っていても使う人の体質によってはかぶれなどの肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。
(だからといって洗わないのもよくないんですけどね・・・。)
 
 
もし肌荒れを起こしてしまったら、使用するのをすぐにやめて様子見をしてください。
基本的には使うのをやめれば収まるはずですからそのまま放置で。

その後かぶれなどが収まらなかったら病院で見てもらうのも一つの手です。
病院に行くときは使った製品も持っていきましょう。
 
 
 

生理中は特に注意!

女性には毎月の生理があります。
・レディースデイ
・アレ
・女の子の日
・お客さん
・月のもの
・メンス
などなど色々と呼び方はありますが、生理の時というのはデリケートゾーンがいつもより敏感になっています。
敏感肌の人ならば猶更でしょうね。

生理のときはいつもより慎重にあらってください。
 
 
 

関連記事